転職活動支援コラム

「退職願」と「退職届」の法律上の違いとは?円満に会社を辞めて転職活動に挑もう!

更新日:

ガッキー
アイコさ~ん・・・転職が決まったんですけど会社に言いだせなくて困ってるんです。

退職届とかって出すべきなのか、そもそもいつまでに提出とか期限も決まってるんですか?

 

アイコ
え?もう転職きまっちゃったの?じゃあ急いで会社に伝えなきゃ!!

ここではよくある質問の「退職願」と「退職届」の違いと書き方、何日前までに上司に伝えればいいのか教えていくね

 

「退職願」と「退職届」似たような言葉ですが、違いを説明してくださいと言われたらよくわからないですよね?

同じようなものだろうと考えてしまいがちですが、実はこの二つにははっきりとした違いがあるのです。

 

「退職願」と「退職届」の違い

・「退職願」=〇月〇日をもって退職したいという意思を告げるものであり、未来に対する意思表示であるために撤回が可能

・「退職届」=〇月〇日をもって退職しますという約束のための届であり、撤回することは不可能

 

この二つの大きな違いは撤回できるか否かです。

退職願を提出した段階では、上司に止められて退職を思いとどまった場合、退職の意思を無かったことにしてくれます。

 

退職届を提出してしまうとよほどの事が無い限り撤回は無理だと考えても良いでしょう。

それでは次に、各書類をどのようなタイミングで提出するのがベストなのかを考えてみます。

「退職願」を提出するタイミング

 

退職願は口頭ではなく書面を用いて提出しよう

転職を決意した時、まずは会社側に退職を申し出なければなりません。

退職を申し出る際には、職場の風習から直接上司に口頭で告げるという会社も多いでしょうが、しっかりと意思を伝えたことを記録に残すためにも、書面を用いて退職を申し出ることをおすすめします。

「アルバイト・パートの方」はおそらく口頭で退職意思を告げることで受理される場合がほとんどです。その場合は、退職願は必要ありません。

 

「退職願」を提出するタイミングですが、これは会社によって異なります。

会社の規則を定めた就業規則などで退職を申し出るタイミングが定められています。退職予定日の1ヶ月前告知が一般的でしょう。

 

それでは必ず1ヶ月前に退職願を提出しなければ退職できないのかというと、労働基準法律上はそのような定めはありません。

会社を退職することを法律用語では労働契約の解除と言います。会社側と労働者は、労働契約を結んで仕事をしています。

その契約が終了になるので、労働契約の解除という言葉を使っています。労働契約の解除については特段の定めが無いのです。

「民法」では2週間前の申出で退職できるとされている

会社側と退職時期について揉めてしまった場合はどうするのでしょうか。

実は、労働基準法で労働契約の解除についての定めがない代わりに「民法」にて定められています。

「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する。」と規定されています。

 

会社のルールでは退職予定日の1ヶ月前に必ず申し出をすることとなっていたとしても、2週間前であれば問題なく退職できるということです。

退職するということは、今まで担当していた業務を誰かに引き継がなくてはなりません。

 

退職を考えてしまう程の不満があったかもしれませんが、お世話になった会社です。

恩を仇で返すようなことはせず、引き継ぎ期間をしっかりと取れるように「退職願」の提出は余裕をもって行いましょう。

退職願を出す時は有休の残数を確認しておこう

有給休暇が残っている場合は残日数も確認しましょう。

例えば有休が40日残っているのにもかかわらず、ちょうど1ヶ月後を退職日として退職願を提出してしまうと「有給休暇」を全て消化することができなくなります。

有給休暇の残日数を考慮して、退職日を決めることをおすすめします。

 

☟関連記事☟

退職する際は残っている有給休暇を全部消化しよう!断られたら買取を申し入れよう!

    目次1 年次有給休暇の基本的ルール1.1 時季指定権と時季変更権1.2 有休の申出は会社によって〇日前までと決まっている2 退職日までに有休を使い切れるように計算しよう3 ...

続きを見る

「退職届」を提出するタイミング

 

 

退職届は退職願を提出すればあらためて提出する必要はない

退職届は、退職願を提出すればあらためて提出する必要はありません。

退職願だけでは会社から退職を引き止められてしまい、退職日がなかなか決まらない場合には、あらためて退職届を提出することも有効な手段と言えます。

 

退職願が受理されて正式に退職日が決定すれば、後は会社のルールに則って退職日までの引き継ぎ方法、有給休暇の取得について等を会社側と相談しながら決定していきます。

会社によっては、退職後の機密情報保持などを盛り込んだ誓約書と同時に決められたフォーマットで退職届を退職者全員に書いてもらうようにしているところもあります。

その場合は素直に応じ快くサインをしましょう。

退職願を出したのに退職日が決まらない場合は退職届を提出しよう

 

退職願だけでも充分に退職の意思は伝わっています。先にも述べたように、退職願は退職の意思の撤回が可能となっています。

人手不足の会社であれば退職願を提出したのにもかかわらず、いつまでも退職日が決定しないこともあります。

それを避けるためにも、退職願を提出した後に必ず退職日の確認をしましょう。

 

この段階で会社側の返答が曖昧な場合は、退職の意思が受け入れられていない可能性があります。

退職届を提出することによって、一方的に「〇月〇日に退職します」と宣言することができます。

 

提出後に退職の意思の撤回ができなくなると同時に、会社側もこの書類を受け取れば、退職を認めざるを得ません。

会社を円満に退職したい場合は、まずは退職願を提出し、それでも退職が決定しない場合は退職届と覚えておきましょう。

「退職願」「退職届」の書き方のポイントと見本

書き方のポイント

① 退職理由は「一身上の都合」でOK

② 便箋と封筒を使って手書きで書くこと

③ 押印を忘れずに

 

本当の退職理由は書く必要ありません。おそらく退職を希望するには「良い転職先が見つかった」「専業主婦になるため」等それなりの理由があると思います。

「給与が安くて不満だったから」等とは書く人はいないと思いますが、明確な理由は必要ありません。あくまで全てひっくるめて「一身上の都合」でOKです。

 

 

退職願や退職届は提出前に、コピーして保管することをおすすめします。

あっては困る事例ですが直属の上司に提出してその後、書類が行方不明になった時に保管していたコピーが役に立ちます。

円満な退職ができるよう、最後までお世話になった会社に恩を込めて記入しましょう。

まとめ~円満に辞めて転職活動に進もう

「退職願」は退職したいという意思表示のため撤回が可能

・「退職届」は退職する約束のため撤回は不可能

・ 有給休暇が残っている場合は、残日数も確認

・「アルバイト・パート」の方は口頭で退職意思を伝えることでほぼOK(会社によります)

 

アイコ
2週間前に退職届を提出しておけば民法上は問題ありませんが、会社への恩や引き継ぎの時間などを考慮して円満に退社して次のステップに進みましょう!!

その方が気持ち良く転職活動できますよ


 

-転職活動支援コラム

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2021 All Rights Reserved.