育児と仕事の両立

職場への妊娠報告のタイミング!仕事を続けるか自分の気持ちを整理してから伝えよう

更新日:

妊娠が分かったら、まずはどのようなタイミングで会社に報告するか一番迷うところですよね。

妊娠検査薬で陽性が出たら?病院で心拍の確認が出来たら?それとも安定期に入ってから?

 

どちらにしても、早急に決めなくてはならないことは仕事をどうするかということです。

妊娠が発覚したら、自分がどうしたいのか気持ちの整理をつけることが大切です。

妊娠報告、妊娠16週頃までに!

妊娠の受け止め方は千差万別です。望んでいた妊娠で早く報告したいなという人もいれば、予想外の妊娠で報告をためらうこともあります。

いつのタイミングで報告をするかは自由です。

私が第一子を妊娠した時は妊娠6週で報告しました。

 

病院へ行ってもまだ胎嚢が確認できる段階で、少し早すぎるかなと思ったのですが、ちょうど地域のお祭りに参加をしなければならない時期であり、激しい踊りやぶつかり合いが予想されたので、念のために早い段階で報告しました。

つわりも酷かったので黙っていることができませんでした。

 

あらかじめ危険が予想される出来事がわかっていたり「ハードワークであったり危険を伴うような仕事」つわりが酷い場合はできるだけ早く報告してくださいね。

母体と赤ちゃんの命が一番大切です。

 

報告に早すぎる!なんてことは絶対にありません。

流産などの可能性が少なくなってから報告したいと考えている場合は、妊娠12週頃がベストでしょう。統計では妊娠16週までに報告している人が8割を超えています。

周囲の理解を得るためにも、職場への報告はなるべく早いタイミングで行いましょう。

就業規則や社内規定の確認を!

 

妊娠したらまず行っておきたいのは、就業規則や社内規定の確認です。

※就業規則とは、従業員10人以上の会社であれば必ず作成しなくてはならないものです。見たことない場合は上司に聞いてみましょう。

妊娠や出産に関する規定は一通り目を通しておきましょう。

 

就業規則や社内規定に、産前産後休業や育児休業が取得できる人の条件が載っています。

まずは自分が産前産後休業や育児休業が取得できるかどうかを確認しましょう。復帰後の働き方についても参考になるはずです。

復帰後は時短勤務で働けるのか・・・同じ職場に戻ってこれるのか・・・

 

きっといろいろな不安があると思います。

ほとんど疑問に思うことの答えは就業規則に書いてあります。「時短勤務の有無・配置転換について」それから育児休業中の取り扱いについてなどなど。

でも一番いいのは、先輩に聞くこと。

 

職場に育児休業を取得したことがある先輩がいれば、その先輩にアドバイスをもらうのが効果的です。

きっと他報告のタイミングの相談にも乗ってもらえますよ(^^♪

仕事をどうするか迷う場合は上司に相談!

 

 

自分のことを話すのってどうしてこうも緊張するのでしょう。

上司に「お時間よろしいですか」と時間を確保してもらって面談スタイル。

いつになっても慣れません。

 

特に妊娠の報告となると、どのようなリアクションが返ってくるか気になって、なおさら緊張しますよね。

報告をする前には、なるべ自分の気持ちを整理してから報告するようにしましょう。

「仕事を続ける」「退職する」それとも「アルバイトなどの非正規になる」

いろいろな選択肢があります。

 

続ける場合はいつが予定日でいつから産休に入るのか。育児休業はいつまで取得する予定か。

辞める場合はいつまで働いて退職するのか。

アルバイトなどの非正規になる場合はどのタイミングで変更するのか。

自分の気持ちに整理をつけてから報告するのが一般的です。

 

でも迷ってしまうこともありますよね。

「自分はこうしたいと思っている。でも会社がどういうか・・・

そんな時は、正直に上司に自分の迷っている気持ちを伝えて相談しましょう。

相談することで、自分の気持ちと会社の要望との折り合いをつけることが大切です。

仕事を続けるか否かのチェックポイント

 

妊娠をした時、嬉しい反面、なぜか不安もつきまといナーバスになりがちです。つわりが続くと仕事を続けていく自信が無くなります。

育児休業に入って戻ってきたとき自分の居場所があるか。自分は育児と仕事をきちんと両立させられるか。

不安があるのが当然です。

 

そんな気持ちの中、なかなか自分の気持ちに整理がつかない場合もあります。

そんな時は一度冷静になって、自分の気持ちとそして職場の状況をチェックしましょう。

その上でどうすれば最善の選択かを考えれば良いでしょう。

出産後も仕事を続けるかのチェックリスト

□今の仕事は自分にとって続けるメリットがあるか

□今の仕事が好きで意欲も十分にあるか

□今までやってきた仕事を復帰後も活かして働きたいか

□退職しても夫の給料だけで生活していけるか

□幼い子供を託児所や保育園に預けることに抵抗がないか

□夫は産後も仕事を続けることに賛成か

□復帰後の働く環境は整っているか

□復帰後は残業などを免除してもらえるか

□復帰後は協力してくれる人がいるか

□職場に自分以外で育児休業から復帰しているモデルケースがいるか

 

全てにチェックが入った方は続けた方が良いでしょう。自分の気持ちもそれに対する職場の環境もしっかりと整っています。

自分の気持ちや意欲は十分にあるが、復帰後の職場の環境が整っていない場合は転職をおすすめします。

正社員で働き続けたいと思っているのであれば、思い切って退職をして「育児をしながら仕事を探す」のも一つの選択肢かもしれません。

 

いずれにしても後悔しない選択ができるよう、妊娠が分かったらまずは夫に相談。

その上でじっくりと自分の気持ちと向き合いましょう(*'ω'*)

 

☟コチラの記事も読まれています☟

※働くママ必見※育休を必ず取った方が良い3つの理由

妊娠を理由に、退職するべきか育児休業を取るべきか悩んでいる方に伝えたいことがあります。 悩んでいるなら育児休業は必ず取ってください。取るべきです!! 育休を取った方が良い理由 育休を取った方が良い理由 ...

続きを見る


 

-育児と仕事の両立

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2019 All Rights Reserved.