育児と仕事の両立

育休期間終了間近でも子供の保育園が決まらない!そんな時は育児休業期間延長を申請しよう!

更新日:

ガッキー
大変です!もうすぐ育児休業が終わるというのに子供の保育園が決まらないんです。

育児休業って延長したりできるんですか?

アイコ
安心してください!育児休業は延長できます。

延長の方法について教えますね♪

 

保育所が無いことを理由に育児休業を延長するためには「保育所に申し込み」をして、入れなかったという証明をもらわなければなりません。

今回は育児休業延長の方法についてお伝えします。

育児休業を延長できる理由=「誰も子供を見てくれる人がいない」!

育児休業は基本的には子供が1歳になる誕生日の前日で終了してしまいます。

会社によってはそれ以上の育児休業を認めているところもあるかもしれませんが、育児休業中にもらえる育児休業給付金は1歳までと決まっています。

 

初めから1年以上の育児休業を計画していても、1歳までしか育児休業給付金はもらえません。

それでも様々な理由で「仕事に復帰できない」というケースも考えられますよね。

そんな時の措置として、育児休業給付では以下の理由での延長を認めています。

 

育児休業給付が認められるケース

・子供の保育所を申し込んでいるのに復帰予定日までに決まらない場合

・1歳以降に子供を見てくれるはずの配偶者が、離婚や病気などで見ることができなくなってしまった場合

 

復帰予定日までに子供の保育所が決まらないと「復帰すること」が難しくなりますよね。その場合は半年間だけ延長してあげるから「その間に決めてくださいね」という制度です。

 

1歳になって仕事を復帰した後「夫が面倒を見る予定だった」のに離婚してしまった場合や、死亡してしまった場合などが該当します。

夫が専業主夫でなければ難しいので、あまりないケースと言えます。

 

「自分の代わりに誰も子供を見てくれる人がいない」状態になった時に育児休業は延長可能となっています。

そのような状態になった時に初めて育児休業を延長できるようになります。

 

1年以上育児休業を取得したいからという理由では、延長することはできません。

保育園の入園申し込みをしてみたけれど入れなかったという証明があって、ようやく延長の手続きができるのです。

保育所の入園は4月がおすすめ!入園申し込みについて

 

育児休業を延長するためには、保育所に入れなかったという証明をもらわなければなりません。

注意してほしいのが、ここで言う「保育所」とは児童福祉法39条に定める保育所であり、いわゆる無認可保育所は含まれません。

国に認可されている保育所の申し込みが必要というわけです。

保育所入園の申し込み方法

申し込み方法は市によって異なりますので、お住まいの役場に問い合わせるのが一番です。

私が住んでいる地域では、入園希望日の前々月の1月~15日までに「必要書類を記入し市役所に入園願書を提出」することとなっています。

9月1日に入園したければ7月1日~15日の間に申し込むという形です。

 

申し込みのあった中から、抽選ではなく、より保育の必要性があると認められた人が入園できる仕組みになっています。

話を聞くところによると、やはり正社員で育児休業中であり、復帰後は時短ではなくフルタイムで働く人が一番ポイントが高いそうです。

これも住んでいる地域によって違いがあるようですので「抽選・早い者勝ち・ポイント制」なのかあらかじめ聞いておいた方が良いです。

 

そしてもう一つ大切なポイントがあります。

保育所入園申し込みは1歳の誕生日前に行うこと!

 

例えば10月10日が誕生日なら、10月10日までに入園したいと申し込まなければなりません。10月11日から入園したいと申し込んではダメなのです。

これを間違えると延長できなくなってしまいます。

最初の慣らし保育も考えて、例えば10月10日が誕生日なら10月1日で申し込んでおくのが安心でしょう。

保育所入園は4月がおすすめ

住んでいる地域によって、待機児童がどのくらいいるのか違いはあると思いますが、一般的に保育所は4月が入園しやすいです。

ちょうど年度の始めに入園するという方法です。

私が希望していた保育園も年度の途中では30名程待機児童がいたので、子供が1歳になる12月では入園することができませんでしたが、4月入園は可能でした。

 

地域によって多少の差はあるかと思いますが、実体験からも周りの話からも、保育所は4月に入園すると入りやすいと言えます。

このことを踏まえて、子供の誕生月によって復帰日を考えることも必要かもしれませんね。

 

例えば8月産まれの子。

4月入園を目指すなら翌年の4月、生後8ヶ月で育児休業を終了して復帰する方が良いでしょう。

なぜなら、ちょうど1歳になった8月に入園申し込みをして不承諾だったとします。

 

半年間だけ延長することが可能ですが、延長可能なのは2月までなのです。

2月までに再度保育所の申し込みをするのですが、年度の途中では結局入れない可能性が高いです。

そうなると育児休業は終了。場合によっては退職を余儀なくされることもあるからです。

 

1年半までは延長可能ですが、1年半を経過した時に保育所に入園することができるのか・・・

子供の誕生月も考慮して、一番入りやすい4月に入園できるように段取りしていくのが一番です。

 

法改正により2歳までの延長が認められるようになりました。

 

☟コチラの記事も読まれています☟

※法改正情報※2017年10月1日から保育園などに入れない場合2歳まで育児休業給付金が受け取れる!

近々ワーキングママに嬉しい法改正があります(*''▽'') 2017年10月1日より育児介護休業法が改正されました。   改正内容 ① 保育園などに入れない場合2歳まで育児休業が取れるように ...

続きを見る

延長を希望する場合は早めに会社に伝えよう

 

育児休業延長を希望する場合は、早めに会社に伝えましょう。

事前に役場に問い合わせて、待機児童の有無や保育所の入園の可能性を聞いておくと良いかもしれません。一般的には復帰予定の2週間前までに・・・となっていますが、できれば1ヶ月以上前に伝えたいものです。

 

会社としても復帰してくれることを期待して、段取りをしています。

もし当初の予定通りに復帰できないとなると、再度人員の配置も見直さなければなりませんよね。そうなると本当は1ヶ月前の申し出でも慌ただしいくらいです。

 

育児休業中に全く会社と連絡を取らないことは無いと思いますので、延長しなければならない可能性があるなら「もしかすると1歳で復帰できないかもしれない」と一言伝えた方が安心です。

延長の手続きは会社が行ってくれます。

育児休業の延長希望を口頭で伝えれば、会社から提出書類を求められます。

育休延長に必要な書類

 

保育所の不承諾決定通知書

・保育所の申込書の写し

 

この2点は必ず提出しなければなりません。

これが無いと延長の手続きができないので、捨てずに保管しておいてください。育児休業がスタートしたら、復帰後のことも考えて保育所について事前に調べておくと安心ですね(^^♪


 

-育児と仕事の両立

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2020 All Rights Reserved.