主婦・専業主婦の転職

※専業主婦から再就職※働き方はどうする?雇用形態と働き方スタイル

更新日:

専業主婦から再就職を考える際に、チェックしておかなくてはいけないのが働き方。再就職するときに必ず検討しておかなくてはいけないのが「勤務時間、勤務地、仕事内容」の3つ。

他にも「収入・職場の雰囲気・正社員登用があるか・社会保険に入れるか」など検討材料はありますが、一番大きなポイントは勤務時間、勤務地、仕事内容の3つです。

再就職を考えている方は参考にしてみてくださいね♪

勤務時間は雇用形態とも深く関わる!

最初に決めておきたいのが勤務時間です。「一日何時間・週何日働くか」ということ。勤務時間によって、正社員で働くのかパートタイムで働くのか雇用形態にも関わってきます。

それぞれの雇用形態と働き方のスタイルには特徴があります。

どの働き方が今の自分の希望に合っているのかをじっくり考えましょう。

 

👇コチラの記事も読まれています👇

正社員・契約社員・パート・派遣社員の雇用形態別のメリット&デメリットをひとまとめ

いざ働こうと思っても「どのような形で」働くのが自分にとってのベストな選択なのか悩みますよね。 転職先を決めるにしてもまずは正社員で働くのか・・・パートで良いのか・・・それとも派遣?契約社員? 今回はそ ...

続きを見る

正社員

ほとんどが無期雇用であり雇用期間が決まっていないので長く働けて、給料も毎月の変動が少なく安定しています。社会保険にも加入できますし、退職金もあるところが多く福利厚生も充実しています。

勤務時間はフルタイムであるところがほとんど。

 

入社直後は時短勤務制度は利用できないケースが多いので、フルタイムでの勤務を覚悟しておかなければなりません。正社員で働くのであれば、残業の有無や有給の使いやすさなども事前に調べておく必要がありそうです。

パートタイムに比べて社会的に責任ある仕事を任されることが多く、育児と仕事のバランスで言えば仕事に比重が傾いてしまいがちです。

契約社員

事前に働く人と勤務先で勤務時間や給料などの条件を決めたうえで、個別に雇用契約を結ぶ有期契約です。正社員とは給料や福利厚生に差がある場合も多いため事前に確認が必要です。

契約社員で募集しているところの中には「社員登用制度」がある会社も多く存在します。

 

契約社員で決められた期間働いた後に、社員登用試験などを受けて合格すれば「正社員」として勤務できる制度です。

まずは短い期間のみ契約社員として働き、仕事や職場環境に慣れてから正社員を目指せる制度なので、最初から正社員で探すよりもハードルは低くなります。

パートタイム・アルバイト

時給制が多く、シフトで勤務時間が組まれているので時間管理がしやすい点がメリット!残業もほとんどありません。自身の希望に合わせた時間帯で働くことができます。

子どもがいると、学校行事などで休みを取らなければならない日もありますよね。

 

そういった行事に対応してもらえたり、中には夏休みは全日休んでも良いというところもあります。

正社員と比べ賃金が安く、有期雇用であるところが多いですが、融通が利く働き方という意味ではパートタイムやアルバイトに勝るものはありません。

派遣社員

人材派遣会社に登録をして勤務先を紹介してもらえます。社会保険も派遣会社で加入することができます。正社員との大きな違いは、雇用契約が実際に働く会社との間に無いこと。

雇い主は人材派遣会社であり、実際に勤務する会社ではありません。

 

派遣会社が仲介してくれるので、就職活動も容易であり就業後のサポートも充分です。

再就職したママ達の声では、「就業前のパソコンセミナーなど、サポート体制が充実しているので迷わず派遣を選んだ」という声も少なくありません。

在宅ワーク

仕事の発注元とは雇用契約を結ばずに、仕事を請け負うスタイルがほとんどです。良く聞くのは「内職」というもの。実際に周りのママ友でも内職をしている人は結構います。

子どもが小さいうちは、なかなか外に働きに出られないので家の中でできる仕事を選択するのも一つ

 

内職は単価が安く、なかなか稼げないイメージがありますが、良い内職に当たれば1日1時間~2時間程度の仕事量で5~6万程稼いでいる人もいます。

内職は募集自体を見つけるのが難しいため、常にアンテナを張って情報収集をすることが必要です。空いてる時間でしっかり稼げる。

在宅・時短のお仕事はママワークス

勤務地はどこにするか。自宅から近いのが一番!

 

雇用形態を決めたら次は勤務地。できれば勤務地は自宅から近いところをおすすめします。子どもを保育園などの保育施設に預けているのであれば、保育施設から近くであればなお良いでしょう。

急な発熱など急に迎えに行かなくてはならないときに、職場が遠いとなかなか迎えにいけませんよね。

 

保育施設から職場までが近ければイレギュラーな事態にすぐに対応することができます。通勤時間だけで往復1時間もかかるとなると、仕事を続けていく足枷になってしまう可能性があります。

できれば通勤は往復30分以内で検討しましょう。

 

👇コチラの記事も読まれています👇

通勤時間の理想は35分!?1時間以上の通勤はデメリットがいっぱい!!転職の際は自宅からの距離も考えよう!

仕事を決める上で重要になってくるのが通勤時間。 時間というのはとても大切なものです。時間は誰にでも平等に与えられているもの。 通勤に時間をかけるのはナンセンス!?   通勤時間が長いことによ ...

続きを見る

仕事内容は自分が好きな仕事を選ぼう

仕事内容を選ぶ時は、自分がやっていて楽しいと思える仕事を選択しましょう。自分のしたい仕事をやることが、仕事を長く続ける一番の秘訣です。

やりたくない仕事では長続きしません。

 

👇コチラの記事も読まれています👇

※専業主婦から就職※再就職のために「やりたくない仕事とやりたい仕事」を書き出そう

専業主婦が仕事を再開しようと思ったきっかけの第一位は「家計を助けるため」だそうです。面接をしていて、働こうと思ったきっかけを尋ねるとほとんどの方がこの答えを返します。 「せめて自分のお小遣いでも・・・ ...

続きを見る

 

再就職するにあたりブランクが気になるようであれば、最初はパートやアルバイトで就職してから正社員を目指すという働き方もあります。

好きな仕事でやりがいもあって、収入も高く融通もきく仕事があればベストですが、なかなか理想の職場は見つからないものです。

 

見つからないからと言って、再就職を先送りにせずに何を優先に仕事をすべきか、目的を再度見つめなおしてみましょう。

考えるだけではなく、まずは動き出してみましょうね٩( ''ω'' )و


 

-主婦・専業主婦の転職

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2021 All Rights Reserved.