主婦・専業主婦の転職 主婦向けの高時給アルバイト

パート・アルバイトよりも高時給!パートタイム派遣という働き方で効率の良い働き方をしよう!

更新日:

派遣という働き方の最大の魅力は「希望に合わせた仕事を紹介してもらえる」こと。自分で就職活動をしなくても良いことが最大のメリットです。

今までのキャリアやスキルを生かした仕事を選べるのも魅力の一つです。

 

ですが・・・その仕組みを知らずに思わぬトラブルに巻き込まれる人も少なくありません。派遣で働く前に派遣の仕組みをしっかりと理解しておくことが大切です。

派遣社員という働き方の仕組み

 

「派遣会社(派遣元)・派遣スタッフ・クライアント会社(派遣先)」の3者関係で成り立っています。派遣で働く場合は、派遣会社に登録をします。

この段階ではまだ働く場所(派遣先)は決まっていなくても大丈夫です。

 

「派遣社員として働きたい」という意思があれば誰でも登録することができ「派遣会社と雇用契約」を結ぶことになります。

雇用契約を結ぶということは、給料などは派遣会社から支払われることとなり、社会保険などの福利厚生も派遣会社の適用を受けます。

 

働いていてトラブルがあった場合も、実際に働いている会社(派遣先)ではなく、派遣元である派遣会社に相談することとなります。

👇コチラの記事も読まれています👇

アルバイトか派遣社員か悩んだらメリットが多い派遣社員が絶対におすすめ!その理由は?

正社員で働くには少し荷が重いけれど、アルバイトではなんだか物足りない。 正社員のようにフルタイムで働けて、なおかつアルバイトのようにライフスタイルに合った形で働けるのが派遣社員の魅力です! &nbsp ...

続きを見る

派遣で働くことのメリット・デメリット

メリット

  • 自分の希望で仕事内容を選べること
  • 様々な企業や職種を経験できる
  • 地道な就職活動をしなくても良い
  • 就業前にパソコンセミナーなど教育が充実している
  • 通常のパート・アルバイトに比べて時給が高い

デメリット

  • 良い派遣会社を選ばないと仕事を紹介してもらえないことがある
  • 交通費の支給が無い場合がある
  • ボーナスが出ないことがほとんど
  • 有期契約などで安定しない

 

派遣社員はパート・アルバイトに比べ時給が高い

 

派遣社員の時給はパート・アルバイトに比べて高く設定されています。例えば通常のパートが1,000円で働いている事務職があったとします。

同じ仕事でもこの場合、派遣社員は1,300円~1,500円の時給をもらうことができます。

 

派遣先の企業は、だいたいこの時給にプラス500円程度を派遣会社に支払っています。

この500円が派遣会社の利益になります。

派遣の時給が高い理由は派遣先企業が自社で採用する手間を省略したいから

時給が高いなら、何故企業はアルバイトやパートを採用しないのか疑問ですよね。最大の理由は、自社で採用する手間を省略しているということ。

企業が人を雇うためには、様々な費用がかかっています。

 

業種にもよりますが、アルバイトで人を一人採用するのに10万円以上コストがかかっているところもあります。それに比べて派遣社員を採用する場合は、派遣会社にお願いさえすれば求人費用は派遣会社がもってくれます。

社会保険や教育など人材にかかる経費も派遣会社が負担してくれます。

 

また自社で求人をかけるとなると、その後の書類選考・面接などの手間もあります。

手間賃や様々な費用を考慮すれば、派遣社員に通常のパート・アルバイト以上の時間単価を支払うことになってもコストとしては大きく変わらないのです。

パート・アルバイトに比べ時給が高い分「即戦力」を求められる

パート・アルバイトに比べ高い時給を支払うクライアント会社(派遣先)は、派遣社員は「即戦力」として求めているケースが多いです。

即戦力を求められると言ってもクライアント会社によってその要望は異なります。

 

事務職を例に挙げると、少なくとも教えなくてもエクセルやワードは使いこなせているレベルが求められます。

派遣元の派遣会社もその辺りのニーズはわかっているので、派遣会社では事前にパソコン講座など教育に力を入れているところが多くあります。

 

サポート体制が整っているので、ブランクが長い主婦にはありがたい点ですね٩( ''ω'' )و

自分の力量にあった仕事を紹介してくれるのも派遣で働く魅力です。

パートタイム派遣という働き方

 

「派遣社員」というと、フルタイムで働くイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。最近では昔に比べ、派遣社員のニーズも変わってきています。

先に説明した自社で求人をかける費用や手間を省略するために、パートタイムなどの短い時間の勤務でも派遣社員を積極的に採用している会社も増えてきています。

 

パートタイムでの派遣の仕組み

① 派遣会社に登録をします。

② 登録はWEB上でも簡単にできます。

③ 登録の上、求人を検索し派遣会社に申し込み

または派遣会社に希望の条件を伝えると、勤務先を紹介してくれます。その後希望が合えば、派遣先の企業に顔合わせに行きます。

 

顔合わせと書いたのは「紹介予定派遣」を除く一般の派遣の場合、派遣先のクライアント会社が派遣スタッフを面接することを禁じているからです。

クライアント会社が派遣スタッフを選考することはできないのです。

 

つまり派遣社員として働く場合、条件やスキルの確認程度はありますが、小難しい面接はほとんど無いと言っても良いでしょう。

通常のアルバイト・パートで求人を探している方は、派遣会社を利用して高時給で効率のいい働き方をするのも良いのではないでしょうか。

 

同じ仕事で同じ時間働くのであれば、絶対的に時給の高いところで働く方が効率が良いと言えます。派遣の場合、まずはお試しという感覚で短い期間(1ヶ月や3ヶ月の短期)で働くこともできます。

紹介予定派遣であれば、その後派遣先で通常の社員として働くという道もあります。

 

通常のパートタイムで働いても、パートタイム派遣で働いても社会保険などの仕組みは同じです。派遣先企業が小さいところでも、派遣元の派遣会社が大きな会社で安定しているところであれば福利厚生も充実しています。

パートタイムでの仕事を探している方は、派遣会社のホームページに掲載されている求人も検索してみましょう。

参照パートタイム派遣がある派遣会社

マイナビスタッフ公式☞https://staff.mynavi.jp

テンプスタッフ公式☞https://www.tempstaff.co.jp


 

-主婦・専業主婦の転職, 主婦向けの高時給アルバイト

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2021 All Rights Reserved.