育児と仕事の両立

働くママに支給される妊娠・出産・育児にまつわる給付金について※後悔しない知識※

更新日:

「妊娠・出産・育児」にかかる費用について、仕事をしていると様々な給付を受けることできます(^^♪

働きながら子育ても頑張るママが仕事を続ける最大のメリットと言えるでしょう。

 

今回はそんな知って得する出産にまつわる「お金の知識について」まとめました♪

妊娠を計画している方、妊娠中の方、是非参考にしてくださいね(^^♪

出産育児一時金(出産時にかかる費用の補填)

妊娠・出産は病気ではありませんので、健康保険は使えません。

健康保険が使えないとなると3割負担にならずに、医療費は高額になります。

出産に関しては、平均40万~50万円かかるとされています。

 

出産時に健康保険が使えない代わりに支給されるのが「出産育児一時金」です。

健康保険から支給されます。会社の健康保険に入っていない場合は、国民健康保険から支給されます。

支給額

一児につき42万円(双子は84万円)

ただし産科医療保障制度に加入していない医療機関で出産した場合は40.4万円

受取方法

基本的には特に特別な申請は必要ありません。

というのも「直接支払制度」や「受取代理制度」といって、病院側が国から直接お金を受け取る制度が確立しているからです。

私達が支払うのは、出産育児一時金を上回った場合の差額分のみとなります。

 

この制度を使えない産院で出産した場合は、高額な費用を立て替えて後から還付を受ける方法を取ります。

その場合は勤務先の会社に相談しましょう。

 

「出産育児一時金」を下回った分の差額は申請によって受け取ることができます。

こちらの差額返金分についても、申請は会社の窓口に相談しましょう(^^♪

出産手当金(産前産後休業中の給料補償)

出産前6週間(42日)出産後8週間(56日)を産前産後期間と呼びます。

「出産手当金」とは「産前産後期間中」に仕事ができずに休んでいて給料がもらえなかった場合に支給される制度です。

 

出産1日前まで勤務することは可能ですが、勤務してしまえば出産手当金を受け取ることはできません。

産休中の生活を支えるために、健康保険から支給されます。

働いているママでも「健康保険」に加入していない場合はもらえませんので注意してくださいね(''ω'')

支給額

支給額

標準報酬月額(月給)÷30=日給

日給×2/3×産休で休んだ日数

 

このような計算式で計算されます。

産前産後期間中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除されます。

 

出産手当金は非課税となるので所得税もかかりません。

よって計算された金額をそのままもらうことができます。

 

👇出産手当金の詳細はこちらへ👇

退職しても出産手当金はもらえる!3つの条件と損をしないお得な計算方法

出産を機に会社を退職することになった場合「出産手当金」は受給できますか? 人事の仕事をしていて従業員から何度か質問がありました。 答えは「YES」ですが、以下の3つの条件をクリアしていないと受給するこ ...

続きを見る

受取方法

出産手当金は勤務先を通して申請します。

申請用紙は会社からもらえるはずですので、まずは申請用紙を持って出産した病院に証明欄を書いてもらいましょう。

 

入院するまでに出産手当金の申請用紙をもらっておくと、入院中に証明欄を記入してもらうことができます。

証明欄の記入が終われば、後は必要事項を書いて会社に提出しましょう。

産後8週が経過してからの申請となるので、およそ「2ヶ月が経過してから」まとめて指定した銀行に振り込まれます。

育児休業給付金(育児休業中の給料補償)

産後8週が経過してから、原則子どもが1歳になるまでの期間を育児休業期間といいます。

育児休業期間中は、雇用保険から「育児休業給付金」が支給されます。

 

雇用保険の加入条件は健康保険よりも緩く、週に20時間以上1ヶ月以上の雇用見込みで加入することができます。

そのため健康保険に加入していないパートの方も加入していることが多いです。

保険料も高くないため、知らずに雇用保険に加入していたというケースもあるので、給料明細等で確認してみましょう。

 

雇用保険に加入しており、一定の要件を満たせば「育児休業給付金」を受け取ることができます。

原則1年となっているのは、保育所などに入れなければ延長ができるからです。

現状では1歳半までの延長が認められています。今後、法改正により2歳まで延長できることが決まっています。

支給額

支給額

・出産前6ヶ月の総支給合計÷180日=支給日額

・育休開始後6か月までは、支給日額×30日×67%(1ヶ月分)

・育休開始後7か月目からは、支給日額×30日×50%(1ヶ月分)

 

この計算式で計算された金額が、2ヶ月毎に支給されます。

出産手当金と同様、育児休業期間中も社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除されます。

 

育児休業給付金は非課税となりますので所得税はかかりません。

計算された金額をそのまま受け取れます。

 

👇育児休業給付金の詳細はこちらへ👇

【2017年育児休業給付金のまとめ】※給料の手取り80%も支給※受け取り方と計算方法を解説!

産休期間が終わったら今度は育児休業期間(育休)に突入します。 産休の間は、健康保険から出産手当金が支給されます。   ☟コチラの記事も読まれています☟   育休に入ると雇用保険から ...

続きを見る

受取方法

まずは会社から申請用紙を受け取ります。

必要事項を記入し、添付書類(母子手帳の写しなど)を添付して会社に提出します。

後は会社のほうで「雇用保険の窓口」である公共職業安定所に提出をしてくれます。

 

2ヶ月毎の申請となるので、初めて受け取れるのは育児休業開始から2ヶ月後、産後4ヶ月を過ぎてからになります。

2ヶ月に一度申請用紙を記入し会社へ提出することを繰り返すと、指定した銀行口座に「2ヶ月毎に振り込まれる」仕組みとなっています。

まとめ

妊娠・出産・育児に関して、働いているママに支給される給付金はこんなにもあります。

給付金を受け取りながら、ゆとりのある子育てをすると気持ちにも余裕ができます。

 

受け取れるお金のことを知らずに退職してから後悔している人を何人も見てきました。

某CMのセリフみたいですが、「お金は大事です」(*''▽'')

妊娠をきっかけに退職するか続けるか迷っている人は、お金のこともじっくりと考えて後悔のない選択をしてくださいね(^^♪


 

-育児と仕事の両立

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2019 All Rights Reserved.