転職活動支援コラム

上司が嫌という理由で転職するのはあり?上司が不満で退職を考える場合は時間をかけて冷静に判断しよう!

更新日:

合わない上司、いますよね(''ω'')

私も正直いました。どうしても性格が合わない上司。

苦痛で仕方なくて、何度もやめようと思いました。

 

でも悩んでいるうちに「上司が異動」になって辞めずに済むことができました(笑)

今回は上司が不満で退職を考える場合の注意点についてお伝えします(*´ω`*)

合わないのは上司?会社の風土?冷静に分析を

 

合わないのは上司ですか?それとも会社の風土ですか?

この質問ですぐに「上司」と答えたあなたは、まだ会社に留まるべきでしょう。

この質問をすぐに答えられなかった方は、じっくりと時間をかけて考えるべきです。

会社の風土が合わない場合は転職しよう!

会社には長年培ってきた風土があります。

例えば、上司との距離が近くフランクな会社があるとします。

上司との距離が近いことが、上司が嫌な原因かもしれませんよね。

 

毎日のようにご飯に誘われる。プライベートも全て知りたがる。「仕事中も〇〇ちゃん」とちゃん付けで呼ばれるなどなど。

このような会社の風土が上司を作っているのですから、この場合は会社の風土が合わないとなります。

 

会社の風土が合わない場合は、転職するべきだと考えます。

おそらく上司が異動するなどして、上司が変わったとしても同じことの繰り返しでしょう。

その場合は今すぐに転職準備に取り掛かりましょう!( `ー´)ノ

 

合う合わないは、誰が悪いわけでもありません。

人間ですから感性の違いは致し方ないことです。

冷静に分析をした後の判断が、会社と合わないとの結論であれば自分を責めることなく前に進んでください( ˘ω˘ )

 

合わない職場で我慢し続けることほど苦痛なことはありません。

仕事はツライだけでなく、楽しいこともなければなりません。

”楽しい"と思える要素がないのであれば、転職して新しい道に進むべきでしょう!

上司が合わないだけなら社内異動を申し出るべき

 

 

会社の風土は合っている。仕事も楽しい。上司さえ違う人ならこの仕事を続けたいと思うのであれば、辞めるべきではありません。

冒頭でも書きましたが、私も上司では苦労しました。

 

本当に一番苦手な人が直属の上司になってしまったときの絶望感。

毎日仕事に行くのが嫌で夜な夜な泣いていましたが、上司が休みの日は朝からテンション上がって、ルンルン気分で出勤できました。

 

それくらい上司に振り回されていた毎日でした。

その上司は物凄く仕事ができる人で、自分のペースで何もかもを進めたい人だったのです。

部下は全員、上司の顔色伺って上司のペースについていくので必死。

 

それでも私が辞めなくて済んだのは、同じ想いで戦っている同僚が居たからです。

同じように上司のムチャぶりに苦労していた同僚が心の支えになっていました。

きっと一人では状況に耐えられずに潰れてしまっていたでしょう。

 

上司はいつか変わります。

それがいつかはわかりませんが、もしどうしても合わない、ツライと思ったら異動を申し出るのはどうでしょうか?

異動希望が通るか通らないかは会社によりますが、自ら上司を遠ざけることも必要かもしれません。

 

それによって自分自身の仕事が変わったとしても、新しいチャレンジだと思って前向きに考えましょう。

ただし異動を申し出る際は、くれぐれも嫌いな上司に変に思われないように注意しましょう( ;∀;)

 

異動希望の理由も明確にしておくべきです。

直属の上司を飛び越えてさらに上がいれば、その上司に本音で話すのも良いかもしれませんね。

 

上司が合わないという理由で仕事を辞めるのはもったいないです。

まずは社内で解決策がないか模索してみましょう!

転職しても上司は選べない!完璧な上司は期待しないこと!

 

仮に上司が嫌という理由で退職し、転職したとします。

転職したとしても上司は選べません。

こればかりは運だと思ってください(*ノωノ)

 

私も15年間仕事をしてきた中でたくさんの上司に出会いました。

合う人もいれば合わない人もいましたが、誰も選んでいません。

上司というものは選べないものなのです。そのことを忘れないでください。

 

人事で働いていると、この手のクレームは実によくあります。

「店長が合わないから変えて欲しい」「今度の副店長は厳しすぎる」などなど。

みんな自分以外の他人に厳しすぎです!(笑)

 

上司だって人間です。完璧な人間がいないように、完璧な上司もいません。

多少の欠点は目を瞑ってあげてください(*´ω`*)

自分の心の持ちようを変えることが一番大切

それでもどうしても許せない!という場合もあるでしょう。

でも残念ながら、上司の異動や転職では根本的な問題は解決できないのです。

結局「上司と合わない」という問題を解決する糸口は、自分自身の心の持ちようです。

 

「上司なんかに負けるものか!」

「上司を変えてやる!」

くらいの心意気でぶつかっていけば、全く怖いものはありません!きっと上司をコントロールする力が身につくはずです!

 

上司に責任転嫁していませんか?

「私がうまくいかないのは上司のせいだ」

「上司があいつだから毎日不幸だ」

上司に責任を押し付けるのはやめましょう!

 

このように悪い出来事を人のせいにしてしまう習慣ができていると、転職しても人間関係でまた失敗してしまいます。

まずは上司の性格や人となりを受け止めて、どうしたら良い関係が築けるか手を尽くしてからでも転職は遅くないですよ(^^♪

 

☟コチラの記事も読まれています☟

退職後に転職活動をするのは有利か不利か?会社を辞めてから転職活動を行うメリット・デメリット

転職しようと思った時、仕事を辞めてから転職活動をすべきか在職中に転職活動をすべきか悩みますよね(''ω'') 会社を辞めてからの方が時間が取れそう。でもなかなか仕事が決まらなかったらどうしよう・・・。 ...

続きを見る


 

-転職活動支援コラム

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2021 All Rights Reserved.