主婦・専業主婦の転職

子持ちママの再就職!未就園児を認可保育園に入れるためには?就労証明をもらうための4つの方法

更新日:

働きたいけど働けない理由に子供の存在があります。

未就園児(0歳から2歳)を抱えていると、どうしても子供の預け先を見つけることに苦労します。

保育園の入園申し込みはたいてい地域差はありますが10月~12月が一般的。

 

実はその時点で働いていないと、未就園児を保育園に入園させることが難しいのです。

かといってすぐに働くには子供の預け先が見つからない!!!

実際に私の周りでもどうしたらいいの?と困った声をよく聞きます。

 

今回は保育園に未就園児を入園させるための就労についてお伝えします( ˘ω˘ )

子供を預けて働きたいと考えている人は、参考にしてくださいね♪

認可保育園は待機児童問題で途中入園は難しい

認可保育園に入園させるなら4月入園がおすすめ

子供を預けるとなると、なんとなく一番安心できるのが国に認可されている認可保育園ではないでしょうか。

それ以外にも最近は幼保一体保育となって、幼稚園でもどんどん認可されています。

 

そのような認可保育所に子供を預けて働きたいというのが子持ちママの本音。

でも実際には、待機児童が多いところなどは入園できないこともあります。

 

私も0歳の子を認可保育園に入れようと思って市役所に相談に行ったことがあります。

その時希望していた園の待機児童は・・・なんと!!!40名!!!(''Д'')

おそろしい(@_@)絶対無理だと、半分諦めました。

 

でも結果的には4月の入園でなんとか入ることができました!

やはり年の途中で入園するとなるとハードルは高いのが現状です。

就活と保活は同時に進めなければならない

4月入園がおすすめなのですが、就活と保活は同時にするのが非常に難しい問題があります。

認可保育園の申し込みは地域差もありますが、一般的には10月~12月。

未就園児を認可保育園に入れるためには、就労証明書が必要となります。

 

実はこの時点で、現に働いているという状況を作っておくことが認可保育園の入園の必要条件なのです。

保育園の申し込みでは、「就職を希望するもの」も申し込みをすることは可能です。

ただし待機児童が多い地域では、現に仕事をもっている人と比べ就職活動中のものは優先順位が非常に低くなり、途中入園ではなく4月入園でも入園ができない可能性が高いのです。

入園希望者の親の仕事状況により入園の優先順位が決まる

認可保育園では地域によって、優先順位の細かい取り決めがあります。

私の住んでいる地域の取り決めを聞いたところ、次のような解答でした。

一番優先順位が高い人は、両親ともに正社員でフルタイムで働いている人。

 

次いで非正規社員でフルタイム、次に正社員で時短勤務、その次にパートタイムと続きます。

そして最も優先順位が低いのは、就職活動中の人となります。

以上の事から、子供を確実に認可保育園に入園させるには申し込み時点で仕事をしているか4月から働くことが内定しているという状況を作っておかなければならないのです。

就労証明をもらうための4つの方法

入園申し込みの時点で優先順位をあげるために働いておいたほうが良いことはわかっているけれど、子供がいてすぐに働くことができないという場合もありますよね。

そんな時にどうすれば良いか考えてみました。

認可保育園以外の預け先を見つける

認可保育園に途中入園させて働くのは、地域によっては待機児童が多く難しいのが現状です。

そのような場合は、認可保育園以外の預け先を考えてみましょう。

例えば認可外の保育所を探す、保育ママを利用する、ベビーシッターを利用するなどです。

 

このような預け先は認可保育園よりも利用料金が高く設定されている場合があります。

しかし4月から保育園に入園させるためには仕方ない出費だと割り切り、まずは働いているという状態を作っておきましょう。

 

近くに頼れる父母がいるような場合は、少しの期間お願いしてみるのも一つの手かもしれません。

とにかく子供をどこかに預けて、入園申し込み時点で働いているという実績を作るのは認可保育園に入園させるためには非常に有効な手段と言えます。

子連れ出勤可能な仕事をする

求人の中には、子連れ出勤可能な仕事もあります。

職場に保育所が併設されているようなところが代表的ですね。

昨今では企業内保育所の必要性が高まり、自社で保育所を運営していたり近隣の託児所と提携している企業が増えてきています。

 

あまり知られていませんが、実はパチンコ店なども企業内保育所が多い業種の一つですよ(^^♪

このような子連れ出勤可能な仕事を見つけて、入園申し込み時点での勤務実績を作っておきましょう。

周りの自営業者にお願いする

周りに自営業者がいれば一時的に雇ってもらうのもおすすめです。

短期間でいいので勤務している実績を作ってください。

友達の自営業者に「働いていることにしてもらう」というのはやめておいたほうが良いでしょう。

 

バレなければいいやと考えるかもしれませんが、調査をすれば給料の支払い実績などで実際に働いているかどうかは簡単にわかってしまうものですよ(''ω'')

バレてしまったときに、恩を仇で返す事態にならないとも限りません。

周りの自営業者に頼むのであれば、慎重に行いましょうね(''ω'')

4月から入社可能な会社の内定をもらう

入園申し込み時点で実際に働くことが難しいのであれば、4月から働ける会社を探しましょう。

とは言っても実際にはなかなか難しいのが現状です。

10月の申し込み時点で4月から働くという内定をもらうとなると6か月先となります。

 

おそらく6か月間入社を待ってくれるところは稀だと思ってください。

それでも探せば4月入社可能な会社があるかもしれませんので諦めずに探してみましょう!


 

-主婦・専業主婦の転職

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2021 All Rights Reserved.