主婦・専業主婦の転職

所属部署別事務職の種類と仕事内容のまとめ~事務職への転職を考える方へ~

更新日:

いつの時代も人気の職種、事務職!事務職と一言で言っても、たくさんの種類があります。

目立たないポジションではありますが、会社にとってなくてはならない仕事を任されるのも事務職です。

配属された部署によって、事務職でも仕事内容は異なります。

 

今回は一般的な企業における所属部署別の事務職仕事内容などについてまとめました(^^♪

事務職への転職を考えている場合は、参考にしてくださいね♪

営業事務

営業事務の仕事は、営業担当者のサポートをすることです。

実際に外へ出て、営業をすることは無いので安心してくださいね(^^♪

営業担当者が外回りをしている時に、取引先との電話応対をしたり、見積書や請求書などを作ったりします。

 

営業資料の作成も営業事務の仕事の一つ!

営業資料の作成は、パワーポイントを使用することが多いです。

営業事務の選考は、パワーポイントを使えるかが重要な判断材料にもなり得ます。

 

未経験でもできる仕事の一つですが、営業事務をしたい!と考えている場合は、パワーポイントの基本操作を勉強しておきましょう( ˘ω˘ )

またエクセルやワードなどパソコンをよく使う仕事が多いのも営業事務の特徴です。

パワーポイントだけではなく、エクセル・ワードなど一通りのパソコン基本操作はできるようにしておくことが大切です。

総務事務

総務というのは会社の中核のポジションだと思っています。

社員が円滑に業務を行えるように、職場環境を管理しているのが総務のポジションです。

社員旅行の企画立案、健康診断の手配、上場企業の場合は株主総会の手配なども総務が担当します。

 

社内の備品管理も総務の仕事です。総務事務では、備品の管理や発注業務を担当します。

各課宛の郵便物の振り分けや、電球の交換など一見雑用と思われる仕事もこなしていかなければなりません。

 

総務事務は仕事の範囲が広く、覚えることは多いのですが、縁の下の力持ちとして活躍できるポジションです。

じっと座ってパソコンを使って作業をすることも多いですが、郵便の集配などでバタバタと動き回っていることも多いです。

経理事務

経理事務は一番イメージしやすいのではないでしょうか。

企業の心臓、お金の管理をしているのが経理の仕事です。

経理事務の仕事は、毎日のお金の流れを帳簿に記載することです。

 

現在はパソコンソフトで入力するのが主流であり、手書きで帳簿をつけるところは少なくなりました。

また請求書をチェックし、期日までに支払うための手続きなどを行います。

経理の仕事は、まさに「コツコツ」と言ったイメージです。

 

経理部の仕事場は、本当に静かです。

私も一時期経理事務を経験しましたが、静かすぎて眠くなってしまうこともしばしば・・・(笑)

集中力がもとめられる仕事です。黙々と入力業務を行うことが苦にならない人が向いていると言えます。

 

経理事務を行うためには、基本的な簿記の知識は持ち合わせておいた方がよいでしょう。

未経験でも可能な求人もありますが、経理事務経験者や日商簿記2級などの有資格者が就職には有利です。

 

未経験だけど経理事務をやりたい!という方は、今から日商簿記の2級を目指してみましょう!

働きながらでも充分取得可能な資格ですよ♪

人事労務事務

人事課は、名前の通り人に関すること全てを行っている部署です。

人事労務事務としては、新入社員や中途社員の受け入れ業務、社会保険の手続き、給料計算などを行います。

新卒や中途社員の研修資料などの作成も人事労務事務としての業務となります。

 

社会保険や給料計算となると、専門的な知識が必要となり、経験が求められる仕事です。

未経験でも業務に就くことは可能ですが、社会保険の基礎知識や給料計算の基礎知識を一通り勉強する必要があります。

特別に資格は必要ありませんが、社会保険労務士の資格を持っていると転職には有利でしょう。

 

👇社労士資格についてはこちらの記事も参考にしてください👇

【合格体験記】高卒・知識ゼロから社労士(社会保険労務士)試験を一発合格した方法

私は21歳の時に社会保険労務士試験に合格しました。 当時の合格率は8.9%。 周りから「あなたには無理」と言われていた社労士試験に、若干21歳でしかも一発で勉強し合格した方法をお伝えします。 目次1 ...

続きを見る

 

人事労務事務は、守秘義務である案件が多いため、口が堅いことが重要です。

人事異動情報や、他人の給料などを知り得る立場にあるため、中途採用の際にも人選は慎重に行われます。

人事と聞くと堅い仕事をしているイメージがありますが、意外とそうではありません。

 

人にかかわる仕事をしている部署なので、部署内はコミュニケーション能力の高い人が集まっています。

黙々と仕事をするというよりも、連携を取りながら仕事をしたいと言う人におすすめです( ˘ω˘ )

まとめ

今回は一般的な仕事内容を記載しましたが、会社によって仕事の内容は異なります。

どの部署がどのような仕事をしているのかというのは、実際に入社してみないとわからないことです。

疑問があれば面接時に確認をし、仕事内容に対する理解が深まったうえで入社しましょう。

 

会社によっては、単に「一般事務」として求人募集をしているところもあります。

この場合は、どこの部署に配属されるか面接までわからないということも考えられます。

 

一般事務として入社した場合、配属後も部署内の異動はあり得るということも覚えておきましょう( ˘ω˘ )

事務職と一言で言っても、様々な仕事があります。

しかし共通して言えるのは、パソコンスキルは必須であるということ。

 

パソコンが全く使えないようでは、事務職としての転職は厳しいです。

パソコンスキルに自信がない場合は、社内研修制度もある派遣などから初めてみるのが良いかもしれませんね(^^♪

未経験から事務職デビューするならマイナビキャリレーション


 

-主婦・専業主婦の転職

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2019 All Rights Reserved.