主婦・専業主婦の転職

2018年から配偶者控除が改正され103万の壁が150万の壁へ変更されます!今後主婦の働き方はどう変わる?

更新日:

2018年より配偶者控除が改正されることが決定いたしました。

一時期は配偶者控除がなくなるかも・・・という議論まで出ていましたが、結局配偶者控除の適用拡大で落ち着きましたね(*'▽')

働く女性を増やしたいという政府の目論見を感じますね(''ω'')

 

👇2017年までの配偶者控除の説明についてはこちらをご覧ください👇

扶養枠内勤務とは?103万円、106万円、130万円、141万円の壁を知ろう!2018年から150万円の壁も加わる!

主婦が働き方を考えるとき気になるのは「扶養内」という言葉。 「扶養内で働きたい」という希望を良く聞きますが、扶養内ってどういう意味かあまり詳しくわからない方も多いのではないでしょうか。   ...

続きを見る

 

改正内容は大きく次の二点。

 

・配偶者特別控除の適用範囲が拡大されたこと

・夫の収入によって配偶者控除額が減額されること

 

今回は配偶者控除の改正の詳しい内容及び、今後主婦の働き方はどのようにするべきかをお伝えいたします( ˘ω˘ )

2018年配偶者控除改正の内容は?

今回の改正によって大きく変わった2点について説明します。

話の説明がややこしくなってしまうので、夫が主な一家の大黒柱、妻がパート勤務のケースで説明します(^^♪

妻が働き手で夫せがパート勤務の場合は読み替えてくださいね☆

配偶者特別控除の適用範囲が拡大された

配偶者控除とは、妻(配偶者)の年収が103万円以下の時に、夫の給与所得から38万円を差し引き、夫の納税額(所得税)を低くするという仕組みです。

この配偶者控除自体の仕組みは変わっていません。

2017年までも2018年からも妻の年収が103万円以下の場合に配偶者控除が受けられます。

 

今回改正があったのは配偶者特別控除枠の変更です。

配偶者特別控除とは103万円を超えても、段階的に控除が受けられるという仕組みです。

2017年までは103万円を超えても141万円までなら段階的に控除が受けられました。

 

2018年からは103万円を超えても150万円までなら38万円(配偶者控除と同額)の控除が受けられます。

更に150万円を超えても201万円までなら段階的に控除が受けられます。

つまり、2018年からは妻がパートで103万円以上稼いでも150万円以下であれば、夫の所得から38万円引いて、夫の所得税を低くできるのです。

 

150万円を超えても201万円以下であれば、控除が段階的に適用されます。

なんとなくこれだけ聞くと、お得になったのでは?という気がしますよね( ˘ω˘ )

でも実は今回の改正によって、得する人(減税される人)と損する人(増税される人)がいるのです。

夫の年収によって配偶者控除額が減額される

今回の改正で得する人と損する人の線引きは、夫の年収に大きくかかわってきます。

改正の二つ目のポイントです。

2017年までは夫の年収は配偶者控除に関係ありませんでした。

 

2018年からは夫の年収が1120万円を超えると、控除額が次第に減るという仕組みに変更されました。

簡単に言えば、高所得者には配偶者控除なんかいらないよね('ω')ということです。

夫の年収が高ければ高い程、控除額は減り続け、1220万円を超えるとついにはゼロ=控除は受けられないのです。

 

ですから今回の改正で損をする人は、高所得者と言えます。

夫の年収が1120万円を超えている人は要注意ですね(@_@)

2018年配偶者控除改正後の配偶者控除額表

以下のように夫の年収により、配偶者控除額が減額されます。

 
2018年以降の配偶者控除 夫の年収
1120万円以下 1170万円以下 1220万円以下 1220万円超
妻の年収が103万円以下 38万円 26万円 13万円

2018年配偶者控除改正後の配偶者特別控除額表

2018年からの配偶者特別控除額と夫の年収の関係です。

下の表のように妻の年収と夫の年収により控除額は減額されます。

2018年以降の配偶者特別控除 世帯主(夫)の年収
1120万円以下 1170万円以下 1220万円以下 1220万円超



150万円以下 38万円 26万円 13万円
155万円以下 36万円 24万円 12万円
160万円以下 31万円 21万円 11万円
167万円以下 26万円 18万円 9万円
175万円以下 21万円 14万円 7万円
183万円以下 16万円 11万円 6万円
190万円以下 11万円 8万円 4万円
197万円以下 6万円 4万円 2万円
201万円以下 3万円 2万円 1万円
201万円超 0万円 0万円 0万円

2018年配偶者控除改正で主婦の働き方はどう変わる?

今回の改正を受けて、主婦の働き方はどう変わるのでしょうか?

どのように働けば良いのか考えてみたいと思います( ˘ω˘ )

150万円の壁以外にも年収の壁はいくつも存在する!

今回、配偶者控除の適用範囲が150万円以下に改正されました。

いわゆる103万円の壁が150万円の壁に変わるのです。

でも他にも年収の壁は存在します。

【いろいろな年収の壁】

「100万円」・・・100万円を超えると妻自身に住民税の支払いが発生します。

「103万円」・・・103万円を超えると妻自身に所得税の支払いが発生します。

「106万円」・・・106万円以上で妻自身が健康保険及び厚生年金保険に加入義務が発生します。(大企業と一部中小企業のみ)

「130万円」・・・130万円以上で妻自身が健康保険及び厚生年金保険に加入義務が発生します。(中小企業)

「150万円」・・・150万円を超えると配偶者控除が段階的に減額されます。(夫の所得税が高くなる)

「201万円」・・・201万円を超えると配偶者特別控除がゼロになります。(夫の所得税がさらに高くなる)

 

こんなに壁!壁!言われて、じゃあどうやって働けばいいんだ~!!!(''ω'')ノ

って感じですよね。

手取りだけを考えるのであれば、社会保険(健康保険及び厚生年金保険)の保険料が一番のネックとなります。

 

所得税よりも断然高いです!( ゚Д゚)

年収106万円(月88000円)の社会保険料は、実に年間約17万円にも及びます。

106万円から17万円を引くと89万円になり、実質働き損になってしまう可能性があるのです。

 

ですからパート収入で手取りを重視したいという場合は、この106万と130万の壁を意識して働くと良いでしょう。

年収の壁にこだわらずに働きたい!という方は、是非正社員を目指しましょう!

年収の壁を超えて働くのであれば、年収が高ければ高い程手取り金額は当然高くなります。

 

今回の改正は2018年1月の給与から適用になります!(最終的には2018年12月の年末調整で影響します)

自分自身のライフスタイルに合わせて、働き方も再度見つめなおしたいものですね( ˘ω˘ )


 

-主婦・専業主婦の転職

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2019 All Rights Reserved.