育児と仕事の両立

育休中も有給休暇は発生する!育休明けに「有休がない」と言われたら就業規則を読んでみよう!

更新日:

育児休業明けに困るのが子供の急な発熱。

そんな時は、有休に頼ってしのぐしかないのが実情です。

けれど「ちょっと待って!私、産休入る前に全部有休使い切っちゃった・・・(>_<)」という人もいますよね。

 

でも大丈夫。安心してください(^^♪

育休中でも有休は付与されます!!

有給休暇の付与条件とは?

まず有給休暇の付与条件についておさらいしておきましょう!

有給休暇が付与される条件は、以下の二つです。

この条件さえクリアしていれば、アルバイトでもパートでも雇用形態に関係なく有給休暇は付与されます。

 

有休付与の条件

① 雇い入れの日から6ヶ月以上継続勤務していること

② その期間中に8割以上出勤していること

 

👇有給休暇の詳しい説明はこちらをご覧ください👇

【2017年有給休暇徹底解説!】有給と有休どっちが正しい?付与日数や発生日、有効期限や買い取りまで解説してみました

自分の有給休暇何日残っているか知っていますか? 私が独自に調査した結果、自分の有給休暇の残日数を知らないと答えた割合が8割。 ほとんどの人が把握していなかったことには大変驚きました!   そ ...

続きを見る

 

育児休業中も「出勤したもの」とみなされる

 

二つの条件を見てみると、ふと疑問に思うのが「②のその期間中に8割以上出勤していること」というところ。

育児休業中だから出勤していない=条件を満たさないのでは?と思いますよね(*´з`)

 

でも安心してください!

有給休暇の出勤要件を見る時には、以下の期間については「出勤したことものとみなす」と法律で定められているのです。

 

出勤したもとのみなす期間

・業務上の負傷、疾病により療養のため休業した日

・産前産後期間

・育児・介護休業期間

 

これを見ると一目瞭然ですね。

産前産後休業期間や育児休業期間については、最初から出勤したものとみなすと決められているのです!

長い産休・育休を取得している間にも有給休暇は付与されるので、安心してくださいね(^^♪

育休明けに「有休がない」はあり得ない!?

けれど会社で有給休暇の管理をしている部署の社員が無知がゆえに、育休明けに「有休が発生していない」という事態に陥ってしまうという声を良く耳にします。

なんとなく会社の担当者に言われると、休んでいたから有休は発生しないんだな・・・と鵜呑みにしてしまいそうですよね(._.)

だからこそ自分で調べて知識を持ち合わせておくのは大切なのです!

 

私も一人目の育児休業を取った際に、育休明けの有休数を見たら0日になっていたことがあります。

この時、おかしいと思い上司に確認した後に修正してもらいましたが、上司もその制度自体を知らないという恐ろしい事態になっていました。

他にも同様に育休から復帰した人達全員、有休を付与しないという設定になっており慌てて全員の修正をしていました。

 

育休明けに「あなた有休ないよ」と言われたら、おそらく担当者が産休・育休期間も出勤とみなすという制度を知らない可能性があります。

その時には喧嘩口調にならないように、優しく伝えてみましょう!

 

効果的なのは就業規則を読むことです。

就業規則をしっかりと作っている会社であれば、この制度についても明記してあるはずです。

その部分を担当者に読んでもらうのが一番効果的でしょう(''ω'')ノ

育休明けでも付与される有休日数は同じ

育休明けだからといって、付与される有休日数に変更はありません。

今までと同じように、同じ日数分付与されます。

 

① 正社員及び週5日以上+週30時間以上勤務するパートタイム

6ヶ月 1年半 2年半 3年半 4年半 5年半 6年半以降
10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

 

② 週4日以下+週30時間未満のパートタイム

週所定労働時間 1年間の所定労働日数 6ヶ月 1年半 2年半 3年半 4年半 5年半 6年半以降
4日 169~216日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121~168日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73~120日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 48~72日 1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

 

例えば正社員やフルタイムで働いていた人が、育休に入ったのが1年半を超えて2年目に突入する時であれば、1年休んで育休から復帰した際には2年半の12日が付与される計算になります。

育休を延長して2年休めば2年半の12日と3年半の14日を足して26日有休が付与されています。

復帰した時点で最初から有休がある状態で再スタートできるのです(*´ω`*)

育休明けに有給休暇があることの重要性!

これは働く女性にとって、本当にありがたいスタートです( ˘ω˘ )

というよりも有休無しでは、おそらく仕事を続けることは不可能だったと感じます。

子供は入園してすぐは本当に頻繁に熱を出します。

 

熱以外にもいろいろな感染症をもらってきます。

その度に会社を休んで病院へ行って、看護して・・・。

有休で補うことができたから良いものの、何日も欠勤が続くと給料は大打撃です( ゚Д゚)

 

子供の病気以外にも、保育園の行事などどうしても休まなければならない日が必ず出てきます。

その際に「有休がある」というのはとても安心できます( ˘ω˘ )

育休入る前に有休を残しておいた方が良いのかという質問も良く受けますが、付与される予定の日数が少なければ残しておいた方が安心できるかもしれませんね(^^♪

 

働くママになる以上、有休は私用で使いすぎずに不測の事態に備えて残しておくことをおすすめします( ˘ω˘ )

育休と有休の関係は是非覚えておきましょう!(*'▽')


 

-育児と仕事の両立

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2019 All Rights Reserved.