育児と仕事の両立

育休中に賞与支給!?社会保険料はどうなる?育児休業給付金は?ボーナスをもらった時の保険料等について

更新日:

正社員で働くメリットの一つであるボーナス。

不景気でボーナスの出ない会社もあれば、一回のボーナスに数百万貰える企業もあったりと、ボーナスの規定や額は様々です。

会社の規定によっては、育休中であっても賞与がもらえる可能性があります!!

 

さらに育休中の賞与は、社会保険料がかからない大変お得なものなのです('Д')

育児休業給付金以外にいただけるお金は、本当にありがたいですね(*'▽')

育休中でも賞与が貰える可能性がある!

「私、育休中だから賞与もらえないよ~」

と思ったあなた!

もらえるかもしれませんよ~(*'▽')

 

賞与とは査定期間中に勤務した社員に対して支給しています。

ここでポイントなのが、査定期間中に勤務したというところ。

育休に入る前に、この査定期間中での勤務実績があれば賞与が支給される可能性があります。

 

賞与というのは、会社独自で取り決めをしていいこととなっています。

会社によって、査定期間中に「どのくらい働かなければならない」など詳しいルールが決められているはずです。

就業規則に記載されているので、育休に入る前に確認しておきましょう!

育休中だから賞与がもらえないは違法!?

育休中だから賞与もらえなかった~!

ということもあるかもしれません。

会社によってはこのような理不尽な取り決めをしているところもあります。

 

ただし就業規則に「育児休業中は賞与は支給しない」とあっても、この文言は育児介護休業法違反となります。

育児介護休業法では、育児休業を取得したことに対する不利益な扱いを禁止しています。

「育休中だから賞与を支給しない」は不利益な扱いに該当することになり、育児介護休業法違反となるのです。

 

万が一、このような規定に則って、査定期間に在籍していたのに賞与の支給がされなかったとなれば会社へ確認してみましょう。

それでも支払われない場合は、雇用均等室に相談しましょう!

 

👇育休中の不利益な取り扱いについてはこちらの記事もご覧ください👇

働く女性を悩ますマタハラ!!妊娠や出産を理由にした解雇は無効で法律違反ですよ!

「マタハラ」とはマタニティハラスメントの略です。 いろいろなところで目にするようになりました。 これは働く女性が妊娠などをきっかけに「職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、妊娠などを理由とした解雇 ...

続きを見る

【育休中の賞与】健康保険料+厚生年金保険料はかからない!

賞与が支給された場合、気になるのが保険料等ですよね。

健康保険料+厚生年金保険料については、育児休業中は保険料が免除されているため、賞与をいくらもらっても保険料はかかりません!

 

すごくありがたいですよね(^^♪

健康保険料と厚生年金保険料ってものすごく高いので、賞与からその金額が天引きされないのは本当に嬉しい限りです!

【育休中の賞与】所得税はかかる!

賞与は通常の給与と同じように所得税がかかります。

ただし給与の場合とは所得税の算出方法が異なります。

本来、賞与の所得税は前月の給与を基に算出されます。

 

算出方法を説明するとややこしくなってしまうので省略しますが、育休中は前月の給与が0である可能性があります。

前月の給与が0の場合は、特殊な計算方式を使って所得税を算出するのですが、50万円くらいまでは所得税が0円になることがあります。

所得税が0円になっていても、前月の給与が0円であれば誤りではありませんよ(*'▽')

【育休中の賞与】雇用保険料はかかる!

賞与はもらった金額に対して雇用保険料が徴収されます。

建設業や農林水産業以外の一般的な業種であれば、保険料率は3/1000です。

金額×3/1000で容易に雇用保険料を算出することができます。

 

手取りが減ってしまうので少し悔しい気もしますが、保険料もそれほど高くないので、しっかりと払っておきましょう(''ω'')ノ

雇用保険は健康保険等と違って免除制度がありません。

育休中も給料の支払いがあれば必ず雇用保険料を納めなければなりません。

 

ただし給料の支払いがなければ雇用保険料は徴収されません。

ここが健康保険+厚生年金保険との大きな違いですので、覚えておいてくださいね!(^^)!

【育休中の賞与】育児休業給付金はカットされない

最後に賞与をもらってしまって心配になるのが、育児休業給付金です!

賞与をもらっても育児休業給付金はカットされません!

安心してくださいね(^^♪

 

そもそも育児休業給付金の算定でも賞与の額は一切考慮されていません。

毎月の給与を基に計算されています。

賞与をもらったとしても、育児休業給付金には全く影響はありません(*'▽')

 

👇育児休業給付金の詳しい説明はこちらをご覧ください👇

【2017年育児休業給付金のまとめ】※給料の手取り80%も支給※受け取り方と計算方法を解説!

産休期間が終わったら今度は育児休業期間(育休)に突入します。 産休の間は、健康保険から出産手当金が支給されます。   ☟コチラの記事も読まれています☟   育休に入ると雇用保険から ...

続きを見る

まとめ

育休中に賞与をもらっても、育児休業給付金には全く影響せず、さらには健康保険料等は免除されます。

場合によっては所得税も0円となる可能性も!

 

いいこと尽くめですね(*´ω`*)

ただし賞与の制度がどうなっているかは会社によるところも大きいので、育児休業に入る前に必ず確認しておきましょう!

育休中でも大きな臨時収入が入ると嬉しいですね(^^♪


 

-育児と仕事の両立

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2020 All Rights Reserved.