主婦・専業主婦の転職

妻がパート先で社会保険に加入!夫の扶養から外れる手続きはいつ・どのように・誰が行うのか

更新日:

パート先で社会保険(健康保険+厚生年金保険)に入ることになったんだけど、夫の扶養っていつ抜ければいいの?('ω')

夫の扶養から抜けるにはどんな手続きが必要?(@_@)

もし手続きしなかったらどうなるの?( 一一)

 

そんな疑問にお答えして、妻がパート先で社会保険に加入した時の手続きについてお伝えします!

妻がパート先で社会保険に加入する条件とは?

社会保険=日本の社会保障全般のことを指し、本来であれば幅広く使われる言葉です。

会社に入社すると雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険など条件を満たせば様々な保険に加入することとなります。

 

👇各種保険についてはこちらの記事をご覧ください👇

求人票の各種保険完備とは4つの社会保険のこと。後悔しない就職のために必ず確認しよう

求人票を検索していると待遇・福利厚生欄に「各種保険完備」の文字を良く目にします。この「各種保険完備」の各種には何が含まれているかご存知ですか? 各種が指しているものは、以下の4つです。 ①雇用保険 ② ...

続きを見る

 

本来であれば社会保険とは広い定義で使われる言葉ですが、今回は便宜上、社会保険=健康保険+厚生年金保険として説明します。

 

社会保険の加入条件

下記の①~⑤を全て満たしていること

 

① 1週間あたりの決まった所定労働時間が20時間以上であること

 

② 1ヶ月あたりの賃金が88,000円以上であること(残業代、通勤手当含めず)

 

③ 雇用期間の見込みが1年以上であること(1年契約でも更新する可能性があれば該当)

 

④ 学生でないこと(夜間・通信・定時制の学生は対象)

 

⑤ 以下のいずれかに該当すること

(1)従業員が500人以上の会社で働いている

(2)従業員が500人以下の会社で働いていて、社会保険に加入することについて労使で合意がなされている

この条件を満たせば、社会保険に加入することとなります。

私は社会保険に加入したくないから入らない!というのは通用しないのです(._.)

ですからパートで働く場合は、事前に社会保険の加入条件等について確認しておきましょう(''ω'')ノ

 

特に規模が大きい会社で働く場合は、週に20時間以上及び月88,000円以上の収入で社会保険に加入しなければなりません。

多額な保険料を支払うことになりかねませんので、あらかじめの確認が必須です!

夫の扶養から外れる手続き方法

妻が自分自身で社会保険に入ると、今度は夫の扶養から外れる手続きをしなくてはなりません。

手続き自体は全く難しくありませんが、パート先で社会保険に加入したからと言って自動で扶養から外れるわけではありません。

自発的に行動をする必要がある点は注意しておきましょう!

①夫の会社へ申請し健康保険証を返却

扶養から外れる手続きは全て夫の勤める会社を通して行います。

方法は会社にもよりますが、上司や担当部署に連絡するという形になるでしょう。

会社によっては専用の用紙に記載をし、扶養から外れる申請を行うところもあります。

 

その際に重要なのが、使っていた保険証を返却すること。

会社は受け取った保険証を、保険者(健康保険協会や健康保険組合など)に返却します。

保険証が返却できないと、手続きが滞ってしまう可能性があるため、できるだけ速やかに返却しましょう。

②扶養から外れる日付は妻が社会保険に加入した日

「妻が就職して社会保険に入ったので、扶養から抜きたいんですけど・・・」

と話をすると、おそらく「いつ付けで扶養から抜きますか?」と尋ねられると思います。

その際は、妻が社会保険に加入した日を伝えましょう!

 

11/1に妻が就職し、パート先の会社で社会保険に加入したとします。

この場合は11/1付けで扶養から抜きましょう!

仮に3日前の10/28日に扶養から外れてしまうと、10月は夫の扶養に入っていなかったことになります。

 

これは社会保険が月末時点の状態にて判断されるためであり、今回のケースで言えば10月分の国民年金保険料は支払わなければならない事態になってしまいます。

妻が社会保険に入って、夫の扶養から抜くときは間が空かないように同じ日付で手続きをすることを覚えておきましょう(^^♪

夫の扶養から抜くのを忘れたらどうなる?

扶養から抜き忘れると、妻は社会保険に二重に加入している状態となりますが、余分に保険料がかかっているというわけではありません( ˘ω˘ )

夫の扶養に入ると、妻自身の保険料は0円。

年金も支払いは0なのに加入している状態となっているのです。

 

二重に加入していたところで、二重に保険料が取られているということはありません。

しばらくすると自宅に「二重で加入していますよ」という通知が届きます。

それをもって夫の会社で扶養から抜く手続きをしてもらえば良いのです(*´ω`*)

 

しかし一点だけ注意点があります!

それは夫の会社で規定されている扶養手当です。

本来は扶養から抜けなくてはならないのに手続きだけしていなかった=扶養手当はもらい続けています。

 

この扶養手当は本当はもらうべき手当ではないため、返還義務があります!!

例えば1年間、誤って扶養手当をもらい続けていると・・・。

月5,000円の扶養手当だとしても60,000円の返還義務が・・・。

 

そう考えると恐ろしいですね( ゚Д゚)

そうならないようにするためにも、妻が社会保険に加入したら扶養から抜ける手続きは忘れずにしっかりと行いましょう!(*'▽')


 

-主婦・専業主婦の転職

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2019 All Rights Reserved.