転職活動支援コラム みんなの就職・転職体験記

26歳まで働いたことない女がニートを脱出して正社員になれた体験談

更新日:

26歳まで1度も働いたことのないニート(女)です。

学生時代に酷いニキビに悩まされて、人と会うのが億劫になってしまいました・・・。ニキビ肌が綺麗になったら就職しようと思いつつも、何とか見れる顔面になったのは25.6歳の時です。

 

それまで1度も働いたこともなく、親に寄生していた私。やることと言えばネットとゲームで昼夜の区別もつかないほどの不規則な生活でした。

忍び寄る不安というか、なんとも言えない焦燥感を感じることも多くて(特にどんどん若さが失われていく恐怖) 遂に社会復帰を決意したのです。

とはいうものの、正直働くのが怖いです・・・(´;ω;`)

 

いきなり正社員とかレベルが高すぎるから、まずは「アルバイトから?それとも派遣とかのほうが気楽でいいのかな?それとも資格を取って一発逆転か?」

そんなことを考えながらあっという間に1週間が過ぎてしまいました。

有り余るほど時間がある生活をしていたので、面倒なことは後回しにしてしまう私・・・結局、行動を起こせたのはそれから1か月後というダメっぷりです|д゚)

 

とは言っても、メルカリとかフリマアプリで家にある余分なものは売りさばいていました。あれだけ汚かった部屋が物がなくなっていくことで綺麗になって感動。

綺麗な部屋にしたことで、なんかテンションもあがって働く気になっていく私なのでした。

まずは週3のアルバイトからスタート

新聞の折り込みチラシのなかで、時給900円の軽作業(工場)の求人を見つけました。週2.3回の勤務可能と書いてあったので、まずは慣らしで働いてみようと思い電話をかけてみることに。

 

プルプルプル(着信音)

「○○工場です」

「あ、うぇあ・・・間違えましたぁ。」

 

このコミュ障っぷりときたらもう・・・。ここ数年まともに話した相手が「親兄弟だけ」なのだからこうなるのも仕方ないのかもしれません。

「電話をかけただけでも偉いよ!!」そう自分を励まして、3日後に再度電話してみることに(3日空けちゃうのがニートですね 笑)

話すことを紙に書いて、ドギマギしながら2度目の電話です。

 

プルプルプル(着信音)

「○○工場です」

「コ~、ぷげぇぇ・・・ま、間違えましたぁ。」

 

 

私は一体なにをやっているんだ!? (´・ω・`)

 

 

死にたくなりながらも、それから3日後面接の約束を取り付けることができました。

アルバイトの面接ってどんな服装をしていけばいいのか、履歴書の職歴に書くことが何もないのが気がかりでしたが、家族の応援もありちゃんと面接を受けられました。

 

正直に肌のコンプレックスがあって「引きこもりニート」になってしまいましたと話をしたのですが、まずは週2~3回の短時間から働いてみたら?と見事に合格しました(*´ω`)

ヒッキーでニートだったので、劣等感たっぷりでしたが、意外と気にしない人は多いのかなと思った出来事でした。

 

工場内でも必要最低限の会話しか必要なく、延々と「あんぱんに黒ゴマ」を振りかけていくだけです。

最初の3か月間は週に2.3回でしたが、2年経つ頃には週5のフルでシフトに入れるようになりました。アルバイトリーダーの肩書ももらって、何となく社会復帰できたのかなという印象です。

この頃には高校の同窓会や、学生時代の友人とも普通に話せるまでにコミュ力も回復していて、そろそろ他の職業もやってみたいと思うようになっていました。

 

派遣で事務職をやってみた

工場でのライン作業の仕事はラクだし好きだったのですが、正社員への登用はなかったので、平行して派遣会社に登録することにしました。

参照登録した派遣会社

マイナビスタッフ公式☞https://staff.mynavi.jp

テンプスタッフ公式☞https://www.tempstaff.co.jp

 

本当は正社員を狙って求職サイトから応募を繰り返していたのですが、なかなかの職歴・経歴っぷりに書類選考さえ通りません。

もう正社員への道はあきらめるしかないのだろうか?と悩んでいたときに知ったのが派遣社員から正社員になる道でした。

 

テンプスタッフから応募した「紹介予定派遣」で事務職の面接は不合格・・・最長で半年働ければ正社員になれる契約だったのでガクッと肩を落としたのですが、あきらめずに何社か紹介してもらうことに。

面接の度に未経験なことと、働き始めた年齢のことを突っ込まれます( `ー´)ノ

 

「元ニートだよバッキャロー!!」と心の中で叫びながら笑顔で受け答え。

一応取り繕えることはできたかな?ぐらいの感触でしたが、面接で合格が貰えない・・・まぁ仕方ないですよね。今までのツケを払っていると思うしかないです。

 

派遣会社で私の担当をしてくれたスタッフさんも親身になって色々と相談に乗ってくれました。

すると・・・落ち込んでいた私にスタッフさんから1つの提案があったんです。

それは「正社員登用制度のある会社」で働くという選択肢でした!!

 

紹介予定派遣より社員になれるまでの時間はかかるとのことでしたが、「真面目な勤務態度と昇格テスト」に合格すれば正社員になれるそうです。

過去にも私と同じような経歴(ニートや引きこもり、フリーター)の方が何人も合格しているそうで、なんだか勇気がでてきました。

ありがたく地元の中規模会社(社員70名ほど)に派遣が決まり、そこで2年働いて登用試験を受ける資格が生まれました。

念願の正社員に登用・・・ニート脱出できてよかった

筆記テストと面接が終わり、合否判定が下されました。

結果は合格!!

26歳までニート→工場アルバイト(2年)→派遣事務(2年)→正社員に登用

 

ちょうど30歳の大台に乗るところで、正社員になれました(感涙)

私が言いたいのはニートでも無職で引きこもりでも「諦めなければ」道はあるということです。あれだけ働くのが怖くて億劫だった私が、今では働いていたほうが気持ちいいと声を大にして言えます。

 

変な劣等感とか消えるし、社会の役に立ってるんだなぁと崇高なことさえ思えるって気持ちいいですよ。街で誰かに会っても堂々としていられるのも嬉しいですし(笑)

人は何歳からでもやり直せます!
ニートの頃は記憶から消し去りたいと思うけど、それも私の人生の一部だと考えて人に笑って話せるように生きていきたいです。

 

稚拙な文章だとは思いますが、縁があって記事を書かせていただきました。


 

-転職活動支援コラム, みんなの就職・転職体験記

Copyright© 女性のための転職活動支援ナビ , 2019 All Rights Reserved.